地球上の

Connecting Local to Global, innovatively

株式会社Glocal Innovation Holdingsは、地方(Local)と世界(Global)とを直接つなぎ既存の社会システムや既成概念にとらわれず事業を興す、グローカル・イノベーター(Glocal Innovator)の役割を担い、起業家精神に基づき社会をより良く前進させるべく事業を行なっています。

社会全体が、従来通りのやり方、考え方では新たな成長と発展が見込めない成熟期に入って久しく、社会全体の脆弱性自体も高まっています。こうした状況だからこそ、あらゆる領域を横断したイノベーティブな事業を通じて、社会の次なる成長と健全な発展のために貢献します。

 
Profile.jpg

ご挨拶 代表取締役 山内絢人

​事業を通じた「くにづくりの実践」

私にとっての事業とは、「くにづくりの実践」です。私は、「いつの時代も、社会を前進させてきたのは、事業を興す事業家であり、今の日本にはより多くの事業家こそが必要であって、事業を成すことこそがこれまで育ててくれた社会に対する最良の恩返しである」という思いに至り、財務省を辞し独立・起業しました。私の出身地でもある長野県飯田市をはじめとする、日本人を育ててきた日本の各地域をより良くしていくためには、かつての日本社会のように、地方と世界とが直接つながり、百家争鳴の中で様々なアイディアが形となることが必要との思いから、「Glocal Innovation」を社名に冠しております。停滞する社会をより良い方向に動かしていくための最良の方法は、既存の社会システムのありようや既成概念にとらわれず、高い志を持って、事業によって社会を良くしていき、くにづくりを実践する人材を増やしていくことにあると考え、自らその先陣をきって、「くにづくりの実践」としての事業に邁進いたします。皆様の変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。

山内絢人(Yamauchi Kent):1988年長野県飯田市生まれ。東京大学法学部卒、東京大学情報学環教育部OB。ロンドンビジネススクール・ファイナンス修士号、ケンブリッジ大学・企業法修士号取得。2011年財務省入省後、国際局(G7/G20/IMF関連政策を担当)、主計局(国の予算・財政関連法規全体を所管する部署にて、法律の改正等を担当)を経て、「事業家として、自らリスクを取りやり抜くことでこそ社会を良くできる」との思いから退職。地元飯田市をはじめ、日本の地方に今後の日本の可能性があるとの信念で(株)Glocal Innovation Holdingsを創業し、地域独自の魅力を掘り起こし、地方と世界と直接つなぎ既存の社会システムや既成概念にとらわれず事業化していく「グローカル・イノベーター」として活動。適切な官民連携・産学連携を行うための業界全体への戦略的コンサルティング、インバウンド・アウトバウンド事業のアドバイザリー、事業開発を全国各地で行なっている。(公財)大阪観光局アドバイザー(地方創生・SDGs・官民連携分野、神戸大学学術・産業イノベーション創造本部研究員。オリパラ基本方針推進調査ホストタウン アドバイザー(外国・交流イベント・共生社会・情報発信・ホストタウン事業)。

 

事業内容

当社は、代表山内の元財務官僚としての経験・知見・総合調整能力を生かした、既成概念を崩し、世界と地方とつなぎ、産官学などあらゆる領域を横断したイノベーティブな新規事業機会の創出・ハンズオン支援や戦略的情報発信・関係性構築を行っております。プロジェクト遂行にあたっては、様々なステークホルダーとの調整を行い実現可能性を高めつつ、イノベーションの実現を目指します。

市場のマクロ・ミクロトレンドリサーチサービス

​国内・国外の事業者様に対して、マクロ経済、マーケットエントリー調査、マーケティングリサーチをはじめとする各種市場調査サービスをご提供しています。

代表山内の公的セクターでの経験を踏まえた、弊社ならではの洞察、俯瞰的視点を提供いたします。

ローカルツーリズム開発/ ナショナルパーク(国立・国定公園)プロジェクト

日本国内各地方でのローカルエリアツーリズムコンテンツ開発、ブランディング・プロモーション支援を行なっております。また、日本を代表する景観を有する国立・国定公園(ナショナルパーク)でのビジネス創出を周辺環境保護と両立する形で推進していくことにより、緑ある豊かな循環共生型社会を実現するための事業を(一社)ナショナルパークスジャパンと連携して推進しております。

​地域の魅力発掘→新規事業開発→戦略的情報発信・関係性構築まで一気通貫してハンズオン支援させていただきます。

戦略的情報発信・ブランディング・関係性構築支援

パブリックリレーションズの手法により、企業・事業のそれぞれの局面においてその本来持つ価値をブランディングし、戦略的に情報発信します。地域、企業、サービスの「価値」を言語化して、発信するとともに、あらゆるステークホルダーとの関係性構築を行います。大企業から地域DMOや地場産業までのあらゆるニーズに対応し、日本各地の隠れた魅力を掘り起こしブランディング・海外展開する事業を行なっております。

特に地域ベースの案件では、初期段階でのステークホルダー間の調整が事業の成否を決めることが多々あります。さらに、官民連携領域においては、行政と民間事業者それぞれのニーズをうまく組み合わせることでこそ良い事業となります。弊社では、状況を俯瞰し、関係性構築・総合調整を行いつつ事業を前に進める支援をさせていただきます。

産官学あらゆる領域を横断し付加価値を生み出す新規事業開発のためのハンズオン支援

「0から1を作る」ことが必要な、馬力・実行力・スピードが求められる局面において、自らの起業家としての経験を生かし、アイデアを形にするための新規事業開発プロジェクトを主導しています。
「1から10、10から100へ育てる」局面においても、内外の様々なステークホルダーを巻き込みながら総合調整を行い、事業を成功に導きます。

弊社は、代表山内の元財務官僚・神戸大学の現役の研究者(産学連携分野)としての経験を生かした、世の中を俯瞰し先を読む適切な大義・目標の設定とゴールに向かうハンズオン支援、産官学のあらゆるレベル・領域のステークホルダーの利害関係の調整を得意とします。社会を前進させるための事業構想を実現させるお手伝いをさせていただきます。

当社は、中小企業からグローバル企業、地方自治体から官公庁に至るまで、お客様の事業を成功に導くハンズオン支援を、お客様のスタイルに合わせた形で柔軟に行なっております。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

主要メンバー

 

中野 宏一

Specialist for Branding and Communication

1984年 秋田県湯沢市生まれ、埼玉県所沢市出身、東京大学法学部卒・東京大学公共政策大学院修了(公共政策学修士)


大学にて8年半、「民族紛争解決」「平和構築」を研究する。特に、情報発信を通じた外交戦略、ナショナリズム形成、民族統合を専攻。「パブリック・ディプロマシー」「オバマの選挙戦」を研究。朝日新聞社で3年間、校閲業務に従事し、地域ニュースの素晴らしさ、正確な記事の担保を学ぶ。地域面の読み込みを通じて、AI時代のジャーナリズムの価値は、「現場」において、記者が相手から直接見聞きした内容であると確信する。東日本大震災の際は、震災特集面を担当。「人が生きる姿」を伝えることで、人の強さ、美しさという「価値」を発掘し発信したいと思うようになる。その後ITベンチャーでTwitterデータで「世論」を分析するシステムを開発し、2013年の参院選の際は1800万件を分析する。2015年震災報道と地域の魅力発掘発信を行うため仙台に移住し、THE EAST TIMESを設立、代表社員CEO(最高経営責任者)「人が生きるとはどういうことか」という問いへの答えを、報道と戦略パブリック・リレーションズの仕事を通じて探している。

会社概要

​​会社名:株式会社Glocal Innovation Holdings (グローカルイノベーションホールディングス)

本社所在地(東大赤門前オフィス):東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル3F

代表取締役:山内絢人

設立:2018年10月

主要株主:山内絢人(100%)

​​社員数 : 5名

事業内容:①新規事業開発のためのハンズオン支援(とりわけ、地方と世界をつなぎ、産官学などあらゆる領域を横断したイノベーション創造を得意とします)、②戦略的情報発信・ブランディング支援・関係性構築支援、③ローカルツーリズム開発/ナショナルパークプロジェクト、④市場のマクロ・ミクロトレンドリサーチ

 

CSR事業

代表山内の社会貢献への思いから推進しているCSR事業をご紹介します。

スクリーンショット 2019-07-14 10.25.00.png

トライセクター:「越境」による官僚の新たなキャリアづくり支援

トライセクター人材が活躍する社会を実現するための各種啓蒙・マッチング

一般社団法人トライセクターは、キャリア支援に携わってきた官僚経験者や現役官僚、起業家が理事を務め、官僚が行う業務外での公益的活動(いわゆる「越境活動」)のサポートをする団体です。霞ヶ関だけに留まらない「越境する官僚」のキャリア開発をサポートするため、地方公共団体や一般社団法人をはじめとした、公益を目的とする幅広い非営利団体と国家公務員との間のマッチング・伴走支援を行います。

 

活動・講演実績

​​代表山内の各種講演・メディア掲載実績をご紹介します。

Green Hospitality Osaka 国際シンポジウム

2019年11月6日

みどりのイノベーション推進プロジェクト発足記念 Green Hospitality OSAKA 国際シンポジウム(於:大阪商工会議所)にて、みどりのプラットフォームおよびナショナルパークプロジェクトについて講演を行いました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_277f.jpg

2019年5月27日

COOL JAPAN AWARD 2019を京都御苑にて開催し、​主催団体代表としてご挨拶致しました。詳細はこちら

_5271229.JPG

​​自民党・クールジャパン戦略推進特別委員会

2019年5月10日

「COOL JAPAN AWARDとクールジャパン戦略とのタイアップについて」と題して講演を行いました。インバウンド・アウトバウンドの両面で、外国人の視点からの、日本の魅力を効果的に波及するために必要な制度設計や、各種施策と民間事業の連携についてお話しました。とりわけ、インバウンドではサスティナブル・ツーリズムの考え方を導入することの必要性についてお話ししました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1dcb.jpg

自民党・行革推進本部

2019年4月11日

「国家公務員が公益的活動等を行うための兼業の推進」と題して講演を行いました。社会を動かす原動力となりうる「トライセクター人材」のますます必要性について説明するとともに、「人」をベースとした「官民知識循環社会」の実現のために必要な施策についてお話しました。一般社団法人トライセクターについてはこちら

nFS6m%0gQnm73AoiyubrLQ_thumb_1bb9.jpg

2019年3月2日

映画祭全体の総合プロデュースを行うとともに、映画プロデューサーの高秀蘭氏、大和田廣樹氏、経産省コンテンツ産業課の佐野正太郎総括課長補佐をお招きしたパネルディスカッション「地域と映画の可能性について」において、モデレーターを務めました。ブランデッド・コンテンツの活用による地域の魅力発信・活性化や日本の地方発映画の現状等について議論しました。

press20190303-01.jpg

その他、地方自治体等での講演・アドバイザー実績が多数ございます。

 

グループ・提携先

我が国の景観を代表する国立公園周辺へのインバウンド誘致推進による観光立国日本の実現と、国立公園の自然保護・維持のためのマネタイズスキーム(循環型モデル)の確立を目的として、関係省庁・地方自治体・民間企業と広く連携しながら、国立公園関連の先進的事業を推進するととともに、各種啓発活動や政策提言を行う。

伝統工芸といった日本のローカルなプロダクトと、グローバルな市場や世界の人々をつなぐ。日本にある美しいものが、世界のたくさんの人に使って頂けるよう、デザイン等を通じてアプローチする。

地域の魅力を掘り起し、磨き上げるため、現状を正確に把握・分析するデジタルマーケティングやデータ解析、観光資源の開発・磨き上げによる観光流入(国内観光・インバウンド)や、地域資源の活用による特産品の開発、販路開拓から、その魅力を効果的に伝える情報発信支援まで、トータルに地域活性化を支援する事業を展開。

航空機システム・機器の開発、製造、販売や、航空機・宇宙用材料の輸入、販売、その他移動体全般に関する開発、製造、販売を行なう。

 

お問い合わせ

 

©2019 by 株式会社 Glocal Innovation Holdings.